コーヒーの種類の中でもモカは、コクがあるので結構人気です。

モカはフルーティーな香りがしますし、結構甘さがあるので飲みやすいという方もいらっしゃいますよね。

モカコーヒーを頂く

コーヒーの中でも一番古い種類らしいのですが、エチオピアが産地となっていて苦味なども他のコーヒーとは違いますが、特有の味が好まれていないというような情報もあるようです。

キリマンジャロやブルーマウンテンなども人気なんですが、甘め濃いめが好きならモカがオススメです。

コーヒーを飲めないという方もいらっしゃるんですが、甘めのモカなら飲めるという方もいらっしゃいますよね。

カフェモカという種類なら嫌いな方でも飲めるのではないかと思うのですが、スターバックスなどではチョコレート系のモカなどがありますので、試しに飲んでみてはいかがでしょうか。

一般的なレギュラーコーヒーとは違う味なので、育毛剤をしてリフレッシュしたいときにはモカがブレンドされているコーヒーを飲んでみるといいと思います。

有害成分が検出された事により、日本では手に入りにくい豆だといわれていますが、美味しいモカのコーヒーはあちこちで販売されていますので、是非飲んでみてください。


苦味がなく酸味が強い感じなので、苦いのが嫌いな方でも大丈夫だと思いますよ。

主成分から分析する種類&特徴について~育毛シャンプー編

シャンプーの主成分、または洗浄成分タイプ別には
①石油・高級アルコール②石鹸③アミノ酸
上記三つのタイプがあります。

シャンプーの種類と特徴など


石油・高級アルコールタイプ...このタイプはCM・薬局・スーパーと大抵の場所で購入する事が出来る基本的なシャンプーで、高級という響きのせいでなんとなく良いイメージになりがちですが、この意味は良質という事じゃなく、炭素数が高いという意味であり、炭素数が高ければそれだけ洗浄力は強力になり泡も立ちやすいのです。


宣伝・広告により世間的には人気が高いものが多いですが、実際の所は髪・頭皮に与えるダメージは多い様ですね。

どんな所がそうなのかと言いますと...刺激が強い上に脂分を余計に取ってしまいますから、最低限必要とされるものまで洗浄されてしまうのです。


そして、きちんと洗い流せていないと頭皮に与えるダメージも大きいのできちんとすすぎ流さなければいけません。

そのまま使い続けると炎症したり、逆に脂分が多く分泌されたりする事もあり、様々な問題が起こりその結果脱毛・抜け毛を起こしてしまうのです。


良い面...高級アルコールタイプの場合、洗浄力に長けていますし泡も立ちやすいですから、髪を洗った時にとてもさっぱり出来るのです。

そしていい匂いのするものや、コーティング等もあり髪の毛がサラサラで艶々にしてくれるものも沢山あります。


原料となるものが安い上に大量に作る事が出来るので、販売価格も抑える事ができ、消費者にも喜ばれています。


マイナス面...「洗浄力が高い=刺激も強い」ですから、頭皮にトラブルを持つ方・抜け毛・薄毛というタイプの方は使わない様にしましょう。

そしてきれいにすすげていないともっと頭皮によくありませんから、きちんとおとさなければいけません。


そして、コーティングが含まれていますので艶々・サラサラと手触りや見た目は良いですが、コーティングに含まれる成分は傷んだ髪を修復している訳ではなく、表面上にコーティングして見栄えだけを良くしています。

また水に溶けにくく髪の毛・頭皮に残ってしまい悪い影響を及ぼします。


そして、「ラウリル硫酸」という刺激の強い成分が大抵のものに含まれ、残しておかなければいけない皮脂も洗浄してしまう位に強力ですから、乾燥や反対に皮脂が多く分泌される等のトラブルが起きる事も。

育毛を意識しているのなら高級アルコールタイプは使わない方が無難です。

日頃よく目にするシャンプーは、厳密には高級アルコール系シャンプーと呼びます。
それらとは別に育毛シャンプーが存在するわけですが、具体的にどこがどう異なるのでしょうか?
以下に相違点を挙げてみたいと思います。


◆界面活性剤の違い
汚れを落とすために、洗剤は界面活性剤を主成分としています。

一般のシャンプーは泡立ちがよく、コストも抑えることができるため石油系の合成界面活性剤を含んでいます。
低コストですが、頭皮に強い刺激を与えるという短所があります。

反面、育毛シャンプーは、天然成分由来の合成界面活性剤を含んでおり、価格が高い代わりに頭皮へは低刺激というメリットがあります。


◆残留の違い
どのシャンプーもしっかり洗い落とさないと、気づかないうちに頭皮が炎症を起こしたり、毛穴に汚れなどを含んだ残留物が詰まってしまいます。

しかし、育毛シャンプーの場合、すぐ洗い落とせるような工夫がなされています。


◆頭皮のケア
これは育毛シャンプーが育毛シャンプーたる所以ですが、皮脂腺の肥大を防ぎ、必要以上に皮脂を洗い落とさず頭皮環境を整えます。
その結果、発毛、育毛が期待できるようになるのです。

一般のシャンプーは非常に洗浄力が強いのですが、本来、頭皮に必要な皮脂まで洗い落としてしまい、発毛のサイクルがみだれる原因にもなってしまいます。

育毛シャンプーとうたわれているシャンプーで注意したい成分が二つあります。

一つは主成分である合成界面活性剤が天然成分由来であるか、石油などの化学成分由来であるか。

シリコンシャンプーの賛否両論

もう一つは、シリコンです。


シリコンも全てが悪いというわけではありません。

髪の毛をコーティングし、手触りをよくしたり、髪型をまとめやすくしてくれます。

しかし、髪の毛を根本から修復するわけではないので、頭皮より外に露出している部分のダメージを修復してくれると考えるといいでしょう。

乱暴に言えば、コーティングすることで誤魔化しているとも受け取れますね。


高級アルコール系シャンプーは洗浄力が強く、そのままだと髪がごわついてしまいます。

そのため、シリコンを多く配合し、手触りをよくしているのです。

ちょっとネガティブな内容になりましたが、頭皮や毛髪に問題を抱えていない方ならリーズナブルで好ましいものです。


最近では、このシリコンを危険視する風潮があり、シリコンの代わりに保湿成分を含んだノンシリコンシャンプーも増えてきました。


サラサラの髪の毛をもたらしてくれるシリコンシャンプーの功罪として、頭皮の毛穴をふさいでしまい、その結果、毛根に十分な栄養が届きにくくなるという点に注目する人が増えたのです。


とはいえ、シャンプーというのは元々は頭皮と髪の毛を清潔に保つ役割のものです。

理想としては、ノンシリコンシャンプーを使うなら、髪の毛を内部から修復してくれるタイプのトリートメントを併用してみることです。


トリートメントは必ずシリコンが配合されていますが、シャンプーと異なり、頭皮に塗り込むようなことはしませんよね?

極力、頭皮につかないよう、毛先など傷んだ部分に揉み込むはずです。


最後にシャンプーによく配合されているシリコン成分を挙げてみたいと思いますので、参考にしてください。

・シクロメチコン
・シリカ
・シロキ
・ジメチコン

アミノ酸系シャンプーとは、その名の通り主成分である界面活性剤にアミノ酸系成分を使用しているシャンプーのことです。

頭皮の皮脂を取りすぎず、毛髪や頭皮に近い弱酸性なので低刺激であることが特徴ですね。

一般的に、スカルプケアシャンプーと呼ばれています。


その他のシャンプーは高級アルコール系シャンプーと呼ばれ、石油などから化学合成された界面活性剤を主成分とします。

多くのご家庭にあるシャンプーはまずこの製品でしょう。

アミノ酸系シャンプー


アミノ酸系シャンプーを特にオススメしたいのは、頭皮環境が乱れている方です。

たとえば、皮脂が少なくカサカサしている乾燥した頭皮の方ですね。

脱毛や薄毛の原因は、頭皮にトラブルを抱えていることが大半ですから、弱酸性であるアミノ酸系シャンプーで洗浄することにより、頭皮環境を改善することができます。


高級アルコール系シャンプーは洗浄力の強さから、タンパク質も必要以上に洗い落としてしまいます。

頭皮や髪の毛はタンパク質で出来ていますから、特にお肌が弱い傾向の方にとってはトラブルの素です。

その点、アミノ酸系シャンプーであれば、頭皮を守るための頭皮の皮脂を落としすぎず、健康的な潤いを保ってくれます。


ただ、デメリットもあり、それは洗浄力が弱いため、頭皮がひどく汚れていたり、整髪料を使っていた場合に一度の洗浄では不要な皮脂を洗い落とせないことがあるという点です。

また、主成分がアミノ酸系由来のため、大量生産が困難で価格が高いことも難点ですね。


たまにアミノ酸系の成分をわずかに配合し「アミノ酸系シャンプー」とうたっている安価な商品がありますが、実は主成分は高級アルコール系シャンプーと大差がないことがあります。

以下にアミノ酸系シャンプーにおける主成分を挙げますので、購入の際に参考にしてみてください。


・ココイルタウリンナトリウム
・ココイルメチルタウリンナトリウム
・ラウロイルメチルアラニンナトリウム
・アシルグルタミン酸

なお、紛らわしいのですが、コカミドプロピルベタインという成分はアミノ酸系成分ではありませんので、気をつけましょう。