シャンプーの種類と特徴など

主成分から分析する種類&特徴について?育毛シャンプー編

シャンプーの主成分、または洗浄成分タイプ別には
?石油・高級アルコール?石鹸?アミノ酸
上記三つのタイプがあります。

シャンプーの種類と特徴など

石油・高級アルコールタイプ…このタイプはCM・薬局・スーパーと大抵の場所で購入する事が出来る基本的なシャンプーで、高級という響きのせいでなんとなく良いイメージになりがちですが、この意味は良質という事じゃなく、炭素数が高いという意味であり、炭素数が高ければそれだけ洗浄力は強力になり泡も立ちやすいのです。

宣伝・広告により世間的には人気が高いものが多いですが、実際の所は髪・頭皮に与えるダメージは多い様ですね。

どんな所がそうなのかと言いますと…刺激が強い上に脂分を余計に取ってしまいますから、最低限必要とされるものまで洗浄されてしまうのです。

そして、きちんと洗い流せていないと頭皮に与えるダメージも大きいのできちんとすすぎ流さなければいけません。

そのまま使い続けると炎症したり、逆に脂分が多く分泌されたりする事もあり、様々な問題が起こりその結果脱毛・抜け毛を起こしてしまうのです。

良い面…高級アルコールタイプの場合、洗浄力に長けていますし泡も立ちやすいですから、髪を洗った時にとてもさっぱり出来るのです。

そしていい匂いのするものや、コーティング等もあり髪の毛がサラサラで艶々にしてくれるものも沢山あります。

原料となるものが安い上に大量に作る事が出来るので、販売価格も抑える事ができ、消費者にも喜ばれています。

マイナス面…「洗浄力が高い=刺激も強い」ですから、頭皮にトラブルを持つ方・抜け毛・薄毛というタイプの方は使わない様にしましょう。

そしてきれいにすすげていないともっと頭皮によくありませんから、きちんとおとさなければいけません。

そして、コーティングが含まれていますので艶々・サラサラと手触りや見た目は良いですが、コーティングに含まれる成分は傷んだ髪を修復している訳ではなく、表面上にコーティングして見栄えだけを良くしています。

また水に溶けにくく髪の毛・頭皮に残ってしまい悪い影響を及ぼします。

そして、「ラウリル硫酸」という刺激の強い成分が大抵のものに含まれ、残しておかなければいけない皮脂も洗浄してしまう位に強力ですから、乾燥や反対に皮脂が多く分泌される等のトラブルが起きる事も。

育毛を意識しているのなら高級アルコールタイプは使わない方が無難です。